ブロンウェン・テイラー

コンプライアンス・リスク管理部門バイスプレジデント

ブロンウェン・テイラー氏は、2013年8月にコンプライアンス・リスク管理部門バイスプレジデントに就任しました。

  ブロンウェン・テイラー   ブロンウェン・テイラー

テイラーは、世界各地の規制順守プログラムと法的責任リスク管理業務の責任者を務めています。

2000年の入社当時は南太平洋地域のCFOとして活躍し、後にオペレーション、取締役も兼任しました。2006年1月にカラマズーに転勤し、ストライカー初のCCO(最高法令順守責任者)に就任。その後、内部監査・コンプライアンス部門バイスプレジデント(2007年)を経て、2010年には英国ニューベリ勤務となり、ヨーロッパ事業部担当バイスプレジデント兼CFOに就任しました。

ストライカー入社前は、オーストラリアにある金融サービス企業や世界的鉱業会社で上級経理担当者を歴任していました。 クーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウスクーパース)オーストラリア事業所で会計士としてキャリアをスタートし、オーストラリア企業や英国企業でさまざまな経験を積みました。

テイラー氏は、クイーンズランド工科大学(オーストラリア)で経営学士号、モナシュ大学(オーストラリア・ビクトリア州)でMBAを取得しており、オーストラリア勅許会計士協会にも所属しています。