マイケル ・ハッチンソン

バイスプレジデントおよびCEO相談役

マイケル・ハッチンソンは、2019年4月にバイスプレジデントおよびCEO相談役に就任しました。

マイケル ・ハッチンソン マイケル ・ハッチンソン

ハッチンソンは、2008年6月、副顧問として当社の一員となり、同年12月にオーソペディックス事業グループの最高執行責任者に就任。 2012年に次席法務顧問、2013年に法務顧問を経て、2014年4月にはバイスプレジデント兼最高法務責任者就任し、当社のグローバル法務、コンプライアンスおよびコーポレートセクレタリー部門を構築および強化しました。また、買収、その他複雑な問題で当社を成功に導きました。   

ストライカー入社以前は、複数の法律事務所に勤務した経験があり、ワシントンDC周辺の企業で社内弁護士として手腕を振るっていました。 クラーク大学で学士号、ジョージ・ワシントン大学法科大学院で法学士を取得しています。