ティモシー ティモシー・スキャネル

エグゼクティブアドバイザー

ティモシー ティモシー・スキャネル ティモシー ティモシー・スキャネル

ティモシーJ.スキャネルは現在、エグゼクティブアドバイザーを務めており、ストライカーを完全に引退する2023年4月1日まで、この役職でストライカーの上級管理職をサポートします。 ティムは2021年9月30日に、社長兼最高執行責任者(COO)の役職から退きました。 

ティムは31年ストライカーに在籍していました。 彼は1990年にストライカーの内視鏡部門に入社し、10年以上にわたって販売およびマーケティングのリーダーシップの役割を担っていました。 その後、ティムはバイオテック事業部のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー(2001年)、 脊椎関連事業部のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー(2003年)を経て、脊椎関連事業部社長に就任しました。 

ティムは2009年にはグループプレジデントに任命され、当初は脊椎関連事業部と内視鏡事業部の責任者を務めてきましたが、 ストライカーのメドサージ事業部やニューロテクノロジー事業部の監督も行うようになりました。 彼は2018年に社長兼最高執行責任者(COO)に昇進するまでこの役職を務め、ストライカーのすべての事業および地域を担当していました。 

ティムは、糖尿病患者用インスリン管理システム「OmniPod®」を製造しているインスレット社の取締役会で役員兼社外取締役を務めています。 また、最も侵襲性の強い癌患者の生存期間の延長に取り組むグローバル企業であるNovocureと、骨や組織の修復および再生を促進するコラーゲンベースの製品を開発・製造するCollagen Matrixの取締役も務めています。 

ノートルダム大学で経営管理学の学士号と修士号を取得しています。