ケビン・ロボ

会長兼CEO 2014年就任

   ケビン・ロボ    ケビン・ロボ

2014年7月22日に会長に任命されたケビン・A・ロボは、2012年10月1日にStryker CorporationのCEO(最高経営責任者)となり、それ以前はオーソペディックス事業グループのプレジデントを務めていました。

ロボ氏は、モーションコントロール技術の分野で世界を牽引する企業、パーカー・ハネフィン社の取締役も務めています。 また、先進医療技術工業会(AdvaMed)の役員、ミシガン州カラマズー/バトルクリーク地域のユナイテッドウェイのビジネスリーダー、経済団体ビジネスラウンドテーブルのメンバーでもあります。 

彼は、統括経営や財務部門での役員経験など、幅広いビジネスキャリアを有しています。 KPMGやユニリーバ、クラフトカナダの各社で財務職を歴任した後、ローヌ・プーランクにて化学品部門ローディアのワールドワイドコーポレートコントローラーやSpecialty Phosphates EMEAのゼネラルマネージャーなど、ヨーロッパを拠点に8年間活躍しました。 その後、Johnson & Johnsonで8年間勤務し、グループ企業であるMcNeil Consumer HealthcareおよびOrtho Women's Health & UrologyのCFO、J&J Medical Products CanadaとEthicon Endo Surgeryの社長を歴任しました。

ヘルスケアを含む複数の業界でグローバル事業やリーダーシップに携わった彼の経験は、当社を取り巻く環境の変化に対応するために必要な企業運営や戦略的計画イニシアチブにおいて貴重な意見を取締役会にもたらしています。 取締役会唯一の当社経営陣として、経営という観点から事業展望を伝え、日常業務に不可欠な相互関係を構築しています。