スペンサー・スタイルズ

ニューロテクノロジー、医療器具、脊椎関連事業部グループプレジデント

スペンサー・スタイルズ氏は、2018年8月1日にニューロテクノロジー、医療器具、脊椎関連事業部のグループプレジデントに就任しました。

  スペンサー・スタイルズ   スペンサー・スタイルズ

スタイルズ氏は医療器具およびニューロバスキュラー、頭蓋顎顔面外科、脊椎関連事業部、医療技術インキュベーション部門を統括しています。 1999年の入社以来、内視鏡、脊椎関連、医療器具事業部の営業販売やマーケティング、ならびに一般業務の管理職を務めてきました。 その後、コミュニケーション部門のゼネラルマネージャーを3年間、脊椎関連事業部の社長を4年間、医療器具事業部の社長を3年間歴任してきました。 事業のグローバル化に熱心で、当社の「Transatlantic Operating Model」(大西洋横断経営モデル)の確立にも貢献しました。  

スタイルズ氏はマイアミ大学の学士号、ネブラスカ大学のMBAを取得しています。