スペンサー ・スタイルズ

オーソペディックスおよび脊椎関連事業部グループプレジデント

スペンサー・S・スタイルズは、2019年8月12日にオーソペディックス、脊椎関連事業部グループプレジデントに就任しました。

スペンサー ・スタイルズ スペンサー ・スタイルズ

スペンサーは、関節置換術、外傷および四肢、スパイン事業部、およびデジタル、ロボット、イネーブリングテクノロジー組織を統括しています。 彼はまた、ヨーロッパ、中東、アフリカ、ラテンアメリカ、カナダに加え、経営戦略と資本配分を含むストライカーのM&A部門の直接的な責任者でもあります。

1999年の入社以来、内視鏡、スパイン、インストゥルメント事業部の営業販売やマーケティング、ならびに一般業務の管理職を積極的に務めてきました。 その後、コミュニケーション部門のゼネラルマネージャーを3年間、スパイン事業部社長を4年間、インストゥルメント事業部社長を3年以上歴任してきました。 最近では、ニューロテクノロジー、インストゥルメント、スパイン事業部のグループプレジデントを務めました。 事業のグローバル化に熱心で、当社の「Transatlantic Operating Model」(大西洋横断経営モデル)の確立にも貢献しました。 在職中は、コンセプトから統合に至るまで、いくつかの重要な買収案件において尽力してきました。

スペンサーは、マイアミ大学で学士号を、ネブラスカ大学でMBAを取得しています。